東京教室トップページ > 科目のご案内 > 夜間通学基礎講座 >  Word講座夜間

ワード夜間通学基礎 

ワード基礎を10時間の夜間通学で学ぶ講座です。
※この教室は、合同会社ケイエックスのパソコン教室部門東京世田谷教室です。

ワード通学基礎講座

ワード通学基礎

【注意事項】
 →受講資格についてをお読みください。
 →教室に持ってきてはいけない物についてをお読みください。
お申込みはこちら→1日2科目セットパックお申込みページへ 
(まず、メールアドレス間違い防止のためメールアドレスを送っていただき、申込みフォームのURLを送る方式です。改めて、実際の申込みフォームで詳しい情報を記入して申込みを完了してください。

受講期間

マンツーマン(個人教授式)、10時間(※)教室です。期間限定で平日午後2時以降の任意の時間始まりで1日に2時間以上で受講していただけます。土日・祝祭日は、夜間のみです。
夜間通学基礎(10時間):
予め、10時間分(※)ご予約いただきます。初回のみお申込みフォームで決めていただき、残りは初回にご希望の予定をお持ちください。そのとき、すでに入っている他の方の予約との調整をさせていただきます。
このコースは、平日・土日・祝祭日、ほぼすべて受講できますが、夜間のコースです。キャンペーン中の今は、平日のみ、午後14時以降なら受講できます。土日・祝祭日は、夜間のみです。
※1時間には休憩10分を含みます。
●通学応用講座もあります→午後・夜間通学応用講座へ(クリック Accessの基礎はこちらです。)

受講料金

税込み、テキスト代込み、10時間分2万円です。

お支払い方法

受講票メール受信後、現金を銀行振り込みでお支払いください。振込先はメールに明記してあります。
(ただし、お申込みから7日以内に受講をご希望の場合は、現金を初回時にご持参ください。)
※クレジットの扱いはありません。現金でお願いいたします。

講座の概要

Word講座です。バージョンは2003、2007、2010、2013、2016から選んでいただけます。
当社の講座はビジネスでの使用を考慮しているので、キーボードとマウスを使う講座です。
富士通のテキスト付きですが、先生がパソコンを操作して説明し、真似して覚えていただく個人教授方式です。
なお、講師は、以前、富士通系の企業でSE(システム・エンジニア)として、銀行や大手上場企業の巨大なシステムを構築していた電子計算機プログラミングのプロです。現在もWEB用のプログラムやパソコン用のプログラムを企業用に作成しています。 MOS(Microsoftの資格試験)のマスターも取得しています。

ワード夜間通学基礎講座の内容

使用するテキスト(テキスト代込)

富士通FOMの『よくわかるシリーズ』の基礎の本。300ページ以上あるテキストです。なお、旧バージョン用のテキストは在庫限りですので、無くなった場合は2013用または2016用になります。
当社の講座はビジネスでの使用を考慮しているので、キーボードとマウスを使う講座です。
テキストは参考書として差し上げるもので、授業中はあまり読みません。

Word基礎

ファイルを開く(Open)、ファイルを保存する(Save)、IME入力操作(Input Method Editor)、コピー(Copy)、切り取り(Cut)、貼り付け(Paste)、ページ設定(Page Settings)、選択(Select)、削除・挿入(Delete/Insert)、罫線(Borders)、文字装飾(Format)、印刷(Print)、表(Table)、画像挿入他。
Wordの概要
Wordを起動する
文書を開く
Wordの画面構成
文書を閉じる
Wordを終了する
IMEを設定する
文字を入力する
文字を変換する
文章を変換する
単語を登録する
IMEの便利な機能
文書を保存せずにWordを終了する
作成する文書を確認する
ページレイアウトを設定する
文章を入力する
範囲を選択する
文字を削除・挿入する
文字をコピー・移動する
文字の配置をそろえる
文字を装飾する
文書を保存する
文書を印刷する
作成する文書を確認する
表を作成する
表の範囲を選択する
表のレイアウトを変更する
表に書式を設定する
表にスタイルを適用する
段落罫線を設定する
作成する文書を確認する
いろいろな書式を設定する
段組みを設定する
ページ番号を追加する
作成する文書を確認する
ワードアートを挿入する
画像を挿入する
図形を作成する
ページ罫線を設定する
テーマを適用する
検索・置換する
PDFファイルを操作する

夜間通学基礎講座のお申込み

※お支払方法は、原則として事前銀行振り込みです。受講票に振込み先は書いてあります。
ただし、受講ご希望日が7日以内(一週間以内)の場合は、ご持参でお願いしております。
【注意事項】
 →受講資格についてをお読みください。
 →教室に持ってきてはいけない物についてをお読みください。
ExcelマクロVBA受講申込みお申込みページへ 
(なりすまし、いたずら、メールアドレス間違い防止のため、メールアドレスを送っていただき、お申込みフォームのURLをお送りする方式です。)
空席最新空席情報はこちら。